2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾留学サポート
--:--  |  スポンサー広告

2008.11.03 (Mon)

お肌のために、コラーゲンたっぷりの鶏鍋♪

驥園1


昨夜はあゆに魅了され、興奮したまま急遽UPしましたが、読み直して、どこぞやの‘酔いどれ’とは大違いで文章がメチャクチャでしたねぇ(;^_^A
あの人すごいなぁ。。。
酔いどれであんな面白く文章書けるんだから。
私にはとうてい真似できないってこと(^^ゞ

なので私らしい内容に戻して・・・
本来用意しておいた、食べ物ネタをUP♪


ショートトリップ、最後は九イ分と同様、4回目の鶯歌♪
前回一緒だったお友達が、また誘ってくれて連れて行ってくれました!
鶯歌は半日あれば十分だったりするので、お昼は女3人で市内にてランチ。

老師から教えてもらった行ってみたかったお店を、ちょうど友達が「そこでランチしない?」と言って誘ってくれたので、「ラッキーv(^-^)vナイスタイミンぐぅー
ってことで、行ってみました。

行ったのは、驥園川菜餐廰という砂鍋が有名なお店。
基本は四川料理のお店のようです。
場所は敦化南路×仁愛路の円環と信義路までの間くらいの右手にあります。

いつもお付き合いいただいてアリガトウ!
別窓で開くようにしました♪ ↓ワンクリックお願いします(^人^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

【More・・・】

こちらのお店の砂鍋は、卵を産めなくなった鶏を12時間炊いて、その鶏が全部溶けたところで、今度は美味しい若い鶏を入れて数時間煮込んだ鶏鍋です。

基本は大きい土鍋で出されるので、「5人はいないと」って感じみたいですが、ランチタイムは一人用の小さい鍋で出してくれるのでお手軽です!

店内に入ると、沢山の土鍋が用意されていて、大きい鍋でグツグツと鶏が煮込まれている様子が見えます↓↓↓
驥園7


ランチの砂鍋セットは500元から。
500元はチキンのみで、その上はフカヒレが入ったり、アワビが入ったり、と値段もUP
でもランチだし、一人で食べるのなら、チキンのみで十分だと思います。

セットには白飯と3種類の小菜、デザートが付いてきて、そのうち2種類、好きな小菜を選ぶことができます。
決まっている1種類は青菜(^_^;)

私達は3人で行ったのもあり、「できるだけ種類食べたいね」ということで、一人2種類ずつ別々のものを選んで、小菜はシェアして食べました。

私のセットはこちら↓↓↓
驥園2

蒜泥白肉とエビ塩炒めをチョイス!

友人2人はこちら↓↓↓
驥園5

驥園4

カニ肉の炒め物と宮保鶏丁ではなく宮保蝦丁とかいう、蝦バージョンです。
要するにエビチリみたいなもの。
でもあまり辛くありませんよ~。

それと乾扁四季豆と麻婆豆腐。
麻婆豆腐は絶妙な辛さで、なかなか美味しかったですよ(b^-゜)

そしてメインの砂鍋がこちら↓↓↓
驥園6

グツグツ熱々を持ってきてくれます。
食べる時、口の中火傷すること間違いなしっ!!要注意です^^;

コラーゲンたっぷりで、鶏の脂がいい具合にスープに膜をはるので、なかなか冷めにくいのも特徴です。
中に入っている鶏肉も、トロトロに煮込まれていて、触るとホロホロッとほぐれます!
私の鍋には入ってなかったけど、いいか悪いか、頭やグロイ部分が入っている場合もあるので、見た目的に受け付けない人もいるかもしれませんが、味は保証します(o^-')b
鶏好きなら病み付きになると思いますよ~。

大人数で注文する土鍋サイズの場合は、〆にラーメンを入れて食べさせてくれるようです。
それも絶対に美味しいと思うなぁ。。。(人´∀`)タベタカッタ
私は小菜を控えめにして、鶏鍋を頑張って完食!
最後はご飯にスープをかけて食べてみたけど、これまた絶品♪
残ったら打包してもらえば持ち帰ることもOKです。

老師からも聞いてましたが、砂鍋以外の料理も本当に美味しくて、ここは時間があったらまた行ってみたいお店でした!

人数揃えて行くもよし!
数人とランチで試してみるもよし!!
オススメで~すヾ(@^▽^@)ノ


そしてお腹を満たして、コラーゲンたっぷりとった私達は、鶯歌へ向かいました

今回の私のお目当ては、もちろんコレクションの蓋碗と、青磁の食器。
蓋碗は気に入ったのを一つ買って、青磁はいつものお店‘安達窯’で購入。
安達窯1


青磁は前回購入した茶碗と小皿を2つずつ追加して、あとは蓮の小鉢を4つと、落花生の箸置きを4個購入。
安達窯2

茶碗や小皿は大した金額ではないのだけど、この小鉢は1個300元ちょっとしたかな。。。それを4個も買ったので、今回はいい金額でした(;^_^A

そして蓋碗はこの手前の黄色い柄入りのを今回購入↓↓↓
茶器4個目

市内では500元以上するけど、鶯歌では350元でゲット!
本当は蓋碗は5客揃えたかったのだけど、この日は1個買い足しただけでした。
でも後日、市内のお茶屋さんで、ちょっとお値段はよかったけど、桃と蝙蝠の柄のを買い足しました。
写真撮らず船便で出してしまったのでお店できませんが・・・

昨日はお茶屋さんで自分用に台湾茶も買ったし、帰国後は蓋碗や茶杯で台湾茶を優雅に楽しもうかと思ってます♪ [PR] 台湾留学サポート
08:30  |  台湾グルメ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。