2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾留学サポート
--:--  |  スポンサー広告

2008.10.12 (Sun)

花蓮旅行記Ⅱ~太魯閣峡谷観光~

太魯閣渓谷4


3連休の3日目、私は午後から人と会うためにお出かけですが(先月台風のためキャンセルになってたので、すんごく楽しみ♪)、主人とポメロは家でマッタリのんびりするそうです。
昨日は予定通り、大きい公園でたっぷり遊んだからね~
うん、主人も遊んでたね(^▽^;)

そしていつもお世話になっているペットショップ&ホテルに最後のトリミングをしてもらいに寄って、タクシーで帰ってくる時に台北ドームの前を通ったら、すんごいことになってましたよぉw(゚o゚)w
自分は関係なかったので忘れてたけど・・・
嵐が来てるんだった!!
たぶん昨日今日、台北市内の日本人率、かなり高いことになってるでしょうね~。
台北ドームの周り、既に日本人だらけでしたから。
私の周りでも、チケットを並んで取って、昨日か今日あたり「ARASHI!ARASHI!OH YEAH~!」なーんて手振ってるんだろうな♪・・・って、選曲古いっすか???でも定番だよね???笑
そしてチケット取りそびれて?自分の愛犬を‘chamじゅん’呼ばわりしていたあの方も、指咥えてる頃かしら・・・あ、巨人優勝でそれどころじゃないってか!?爆(ゴメンナサイ、内々ネタで^^; 詳しくはこちらでご確認を・・・)


で本題。。。
花蓮&太魯閣のお話の続きですね。

ホテルからの太魯閣ツアーは、一人750元。
大き目のワゴン車で出発!
同じホテルからは、カナダかアメリカから帰省?している台湾人家族3人が参加。
台湾人だけど、とってもキレイな英語で会話してたの。
20代半ばくらいの息子さんは英語しか話せないみたいだったし・・・
お父さんと思われる人は、ガイドさんが話してる内容を、英語で私達に伝えてくれたりして、すっごく親切で紳士的な方。
でも、英語じゃ全部聞き取れないのよ、私( ̄⊥ ̄lll
だから、私が聞き取れなかったところを主人がまた私に日本語で説明するという、私が足を引っ張るハメに┐(´д`)┌ヤレヤレ
中国語も中途半端だし、私ってダメだなぁ・・・

そして少し離れたホテルに寄って、中年カップルをピックアップ。
計7人のツアーになりました。

ホテルを出て1時間ほどで太魯閣峡谷の入り口に到着。

いつもお付き合いいただいてアリガトウ!
別窓で開くようにしました♪ ↓ワンクリックお願いします(^人^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

【More・・・】

1週間前に来た大型台風15号の影響で、河は濁流
でも最初に車を降りてみたところは、メインの河に流れ出る前で、とーーーってもキレイでしたよ!
太魯閣渓谷2

太魯閣渓谷3


友達が「ヨセミテ公園に行った時と同じくらい感動した」と言ってたけど(後になって‘少し大袈裟だったかも’とも言ってたけど^m^)、私の経験で言うのなら、カプリ島の青の洞窟を見た時以来の感動?!だったかも~!!←はい、私もちょっと大袈裟です。
でもそれくらい、すんばらしくキレイな青だったんです♪

ツアーでは絶景を眺めたり、歩いて眺めた方がいい場所などで、車を停めて降ろしてくれます。

つり橋のある辺りでも降ろしてもらって、ガイドさんの説明を聞きました。
太魯閣は台湾の原住民の一つ‘タイヤル族’が未だ生活をしていることでも有名です。
太魯閣渓谷5

目を凝らして山間を見ると、とっても高いところに、手作り風のつり橋があるのが見えます。
太魯閣渓谷6

太魯閣渓谷7

このつり橋は今現在もタイヤル族の方達が生活をするために使っているそうです。

そしてまた車を走らせてもらって、断崖絶壁をドライブ。
もちろん歩くことも・・・でも怖いっ!
台風で地盤が緩いだろうし、こんなところを歩いていて、地震でも起きたら・・・間違いないっ!(((゚Д゚)))ガタガタ
太魯閣渓谷10


有名どころの九曲洞とか、燕が沢山集まってくるという燕子口などを見ながら、奥に奥に・・・
太魯閣渓谷11

太魯閣渓谷13

トンネルとかはマジ怖い!
けど、怖さを忘れるくらいの絶壁に圧巻です(°∀°)

ところどころ流れ込む滝や河がありましたが、やはりキレイなブルーでした。
こんな絶壁にも滝のように流れている場所が何箇所も↓↓↓
太魯閣渓谷12


こちらも有名な天祥↓↓↓
太魯閣渓谷8

台風後で遠目からでしたが、中国画の世界のような景色。
ってか、カンフーパンダに出てきたような景色( ̄m ̄〃)

メインの河は濁流で汚い水でした↓↓↓
太魯閣渓谷9

でも本来は↑↑↑と同様に青いきれいな河なんだそうです。
台風などの影響で土砂などが混ざって水が濁ってしまうと、最低でもキレイな河に戻るまで2週間かかるそう( ̄_ ̄ i)
憎き台風15号!!
でもこの時期に行けただけでもラッキーだったのかも。
老師なんて、前々回の台風で、花蓮旅行が中止になっちゃって泣き入ってたもんな~。

夕方まで大した雨にも降られず、暑すぎず歩いていても気持ちよかったし、良しとしよう♪

でも私も主人も、ここは絶対に水のキレイな時にリベンジしたい!!と思いました。
台湾ではなかなか難しいかもしれないけど、春頃ならよくない???

こういうスケールの大きい大自然の中に立つと、悩みが吹っ飛ぶというか、いい意味でいろんな事を考えさせられます。
そして歳とともに、こういう旅行が素敵に思えてくるから不思議。
若い時は、ツアーの中に観光が含まれていて、‘まっ、こんなもんか’とか、ただただ‘すごいな~’だけだった気がします。
それより「この後、どこで買い物する?」みたいな( ̄m ̄〃)
それはそれで楽しいんですけどね。
まぁどうしようもない私でも、自然を素直に感じることができる大人に成長したってことで(;´▽`A``


そしてザッと一回りして、4時過ぎに太魯閣を離れ市内に戻ってきたのは5時半頃。
本当はホテルで解散なんだけど、ガイドさんに無理言って、花蓮市内の目的地で降ろしてもらうことに・・・(だってホテルに戻ったら市内に出るのに30分とかかかっちゃうし~)

その目的地とは、ワンタンで有名なここ‘液香扁食店’↓↓↓
花連夕飯1

こちさんの花蓮記事2回とも登場してたから(こちらこちら)、絶対に行っておこうと思ってたの♪
ガイドさんにメモを見せたら、すぐ判ったみたいだし、ツアーで一緒だった家族のお母さんにも「いい選択したわね~」と言ってもらって、ますます期待度UP

お店は人気店だけあって、店内広~い!
入り口すぐのところでは、ワンタン作り↓↓↓
花連夕飯2


このお店、ワンタンのみなので入り口すぐのレジで、先に人数分?の支払いを済ませてしまいます。
空いてる席に座って数分待つと登場♪
花連夕飯3

花連夕飯4

スープの味は薄すぎず濃すぎずで丁度いいっ(b^-゜)
肝心なワンタンですが、市内で食べるワンタンより、皮が少しモチッとしていて、私は好きです!
中の肉餡は、こちさんも書いているように、ジューシーな脂たっぷりの餡ではなく、しっかりした肉!って感じの食感です。
作っているところをよく見ると、赤身が多く使われているようで納得!
赤身だからジューシーさはほとんどありません。
そのため、胃を刺激するガツンとしたインパクトはないけれど、アッサリしていて飽きずに食べれるので、これまた私好み♪
いくらでも食べれそうで、ある意味ヤバイわ~^^;

そして夕飯をこれだけで済ませるのはもったいないので、これまたこちさんが紹介していた‘周家蒸餃’へ歩いて向かいました。
その途中、花蓮名物の[米+麻][米+署]というお餅や、小米酒などのお土産を買ったりしながら(お土産の話しはまた後日)、お店に到着!

でもやっちゃったよ~こちさん><
ここ2件同じような店が並んでるじゃん!
手前の角のお店、すんごく混んでて、そこだと思い込んじゃったわけσ(^_^;)
でも注文してから隣に目をやると・・・
隣の小さいお店が周家蒸餃じゃーんヽ(;´Д`)ノ
蒸餃子がウリで、値段も全く同じ。
あぁ、やられた~って感じ。

で、私達が勘違いしたお店はこちら↓↓↓
花連夕飯5

‘公正街包子店’という名前だったよう。。。

お店で食べて行こうと思っていたんだけど、すっごく混んでいたので、蒸餃子と小龍包を1籠ずつ外帯注文。
合わせて80元!!ヤスッ!!!
コンビニでビールも買い込んで、そのままタクシーでホテルに戻り、部屋で食べましたとさ(´_`。)
でもホテルまで30分だから、ビールがすっかり温くなっちゃいましたよ。

餃子は一口サイズの小ぶりで、ツルッとして美味しかったです。
小龍包も中の餡がジューシーで美味しかったけど、どちらかというと皮が包子で、生地がしっかりとお腹に溜まる肉まんタイプ。

こちさんが紹介したお店ではなかったけど、十分美味しかったから良しとするかぁ。。。

貧乏旅行するつもりはなかったけど、二人でこの日の夕飯、ビール入れても千円してませんよ~。
ホテルで高くてイマイチな食事するより、ずっと安くて美味しい!
そんな旅行ができるのも、台湾のいいところかな♪

ではでは、またホテルの紹介と2日目のお話は後日。。。 [PR] 台湾留学サポート
10:15  |  レジャー&旅行(台湾発)  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

No title

どーも。
指はくわえてないけど、かなりうらやますぃーchamじゅんママちぃです。
って、やめなさいってば・・・、また友達に「ペ?」ってつっこまれるんだから(あ、ペさんファンのみなさまごめんなさいv-436
ってか私も忘れてたけどー、ダンナがガッコの帰り「ドームのまわりすごかったけど何?」って言っておりました。

さてやっぱりこの青、直にみたいなぁ・・・
しかも晴れていたらもっと青がすごいことになるんだろうねぇ。
激高所恐怖症の私はちょっとこの断崖にトライできるか疑問だけど
まあ、いつか記念に訪れてみたいと思います。
なんなら旧正にご一緒しませんかぁ・・・?(笑)
massu |  2008.10.12(日) 11:42 | URL |  【編集】

No title

花蓮は次回、連続でお休みがあったら行こうと思っていたので
ナイスな情報満載でこれは印刷してじっくり研究させてもらいます!

ただ私は山の絶壁とか岩肌とかトンネルとか・・・
なぜか異常な恐怖心を感じるので花蓮大丈夫かなぁー。
以前、台東から台北に向かってこういう山道を走った時に
おおげさではなく気が遠くなりそうでした。
nonさんのお写真を拝見しただけでも鳥肌をたてています。

でも素敵なところですね~~~ワンタンも食べてみたい♪
メイフェ |  2008.10.12(日) 13:40 | URL |  【編集】

スケールが違うわ~!

nonさん、こんにちは~!v-422v-411
台湾生活、残り1ヶ月なのね~。
今回も海外ならではの壮大な写真だわ~。

濁った水が元に戻るまで約2週間も掛かるんだねv-405

この間、歳が近いブロガーさんの所でも話してたんだけど
そうなのよ。歳と共に紅葉や景色で感動しちゃうよね。
中学生では良さが分からなかった京都奈良。
今だったら分かるような気がするよ。

ワンタンスープも美味しそう!!
nonさん、タンメンって知ってた?
私、最近テレビ番組で知って
タンメンってワンタン麺の事じゃないんだね・・・。
たま |  2008.10.12(日) 17:46 | URL |  【編集】

No title

こんなにたくさん自分の名前が出てくるページ初めて見た!!
いつもいつもありがとうございまする。

そうか、川がにごってたか!! それは残念だったねぇ。
あたしが行ったときは、そりゃもうキレイな青でしたよ。
あそこはやっぱり、台湾に来たら行くべき場所だよね。

で、ワンタン。
期待をしすぎると肩透かしを食うけど、でもやっぱり普通にうまいよね。
あー、食べたくなってきたなぁ。。
蒸餃子は・・・大丈夫よ、きっと同じ味よ。(汗汗)
さて、次ネタ楽しみにしてるわよぉ~。

あ、chamじゅんって、あの方キムラ様一筋じゃないの????(爆)

こち |  2008.10.12(日) 20:17 | URL |  【編集】

お返事です♪

◆massuさんへ
えーっ、忘れてたの!?
まぁそんなものよね~
ファンはファンだけど、嵐じゃなくて、chamじゅん松潤のファンってだけだしねぇ。
会えたらラッキー♪みたいな???笑
私の亀梨君みたいな感じかしら( ̄m ̄〃)

これまたビックリ情報!!
あーた、高所恐怖症だったの???
あそっかぁ、飛行機はあまり得意じゃないって言ってたもんね~。
私は飛行機OKだけど、同じく高いところは苦手^^;
でもここはそんなのも忘れさせてくれるし、101に比べたら低い、低いっヾ(^▽^;)
是非、massuさんも帰国する前に、1度は行ってみて♪
うーん、たぶん旧正月は別の国に行ってると思うよ(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ


◆メイフェさんへ
花蓮、まだでしたか?!
でしたら是非!!
断崖絶壁、岩肌、いつ落ちてくるかわからない石・・・
怖いかもしれないけど、それ以上に景色や壮大さに心ごと持ってかれるので、たぶん大丈夫ですよ(o^-')b
でもいい時期を選んで行くのがいいと思います♪
私もリベンジしたいですよ~

ワンタンも美味しいですよ!
好みもあるかもしれないけど、意外とさっぱりしているワンタンに、これまた心を鷲掴みされちゃうかも(* ̄m ̄*)


◆たまさんへ
そうだよぉ!1ヶ月きっちゃった><
台湾って九州ほどの大きさの島なのに、こんなスケールの大きいところがあって、まだまだ見てないところも多いから、名残惜しくなってきちゃうよ~

ほんと、子供の頃に京都や奈良に行っても、暑いだけで何もいい思い出になってない気が・・・
一昨年、友達と京都旅行に行ったけど、すっごく感動したのね。
やっぱり大人になって改めていくと、全然違う角度から捉えられるし、新鮮だったな。
人間って最後は自然に戻っていくものだから、またある歳を越えると、自然を受け入れられるようになっていくのかも・・・って、ある歳っていつだ???笑

うん、知ってたよ~
子供の頃から父子家庭だったのもあり、外食で育てられてたから(ラーメン屋とか定食屋だけどね^^;)、タンメンとワンタンメンが別々にメニューにあって、頼んだら違ってた・・・みたいな。
でも確かに混乱しやすい二つだね(^~^)


◆こちさんへ
あらホント、こちさん出まくり~
でもしょうがないよ!
旦那の携帯で、こちさんのブログチェックしながらの旅行だったもの( ̄m ̄〃)

やっぱり青いときに行くべきだよねぇ。。。
もう一度リベンジしたいけど、雨の多い台湾で、キレイな時に行けるのは当たりハズレが・・・
でも行っておいて良かったけどね!

ワンタン、うまかったよ~
私としてはサッパリめが好きだし、少しモチッとした皮が気に入ったよ!!
市内でもこのくらいのワンタンを出してくれるところがあれば通うんだけどな~。

この間も言ってたじゃーん!?
キムラ様はもうオヤジだって!!ψ(`∇´)ψ
30代も後半になると、範囲外らしいよ~(* ̄ro ̄)
ってことで、‘じゅん’らしいです♪
もちろん年齢的に‘井上順’じゃないよねっ(*≧m≦*)
non |  2008.10.13(月) 09:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noncucina.blog99.fc2.com/tb.php/480-5182584e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。