2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾留学サポート
--:--  |  スポンサー広告

2007.12.12 (Wed)

‘點水樓’で茶芸&小龍包作り~後編~

點水樓15


今日も暑くなりそうですね~
起きた時点で22℃もあって、湿度は79%A=´、`=)ゞ
12月半ばだと言うのに、ベタベタします。
また寒くなって欲しいなぁ。
なーんて言うと、寒い日本の方々に怒られそうですが、私は暑いよりは寒い方が好きなので♪

さて今日は昨日に続いて、點水樓での小龍包作り体験のお話をします♪

茶芸教室は自分達で煎れたりすることは出来ず、ちょっと残念だったけど、小龍包で巻き返し!!
と意気込んで参加♪
でもやっぱり一からじゃぁないのね(^_^;)
中の餡はお店で仕込んであるものが用意されていました。

興味のある方は続きからどうぞ!

いつもお付き合いいただいてアリガトウ!
↓クリックお願いします(^人^)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

【More・・・】

點水樓9

點水樓の方が2人で見本を見せてくれたり、教えてくれたり・・・
でも一人は台湾人でもなく、東南アジア系の方のようで、簡単な英単語のやり取りもあったりしました。
全体的には通訳のおばさまが付いて日本語で説明してくれます。
とりあえず、プロのお2人が皮に餡を乗せた状態で、一人6個ずつくれます。
點水樓10

これを包んでいくのだけど、とーっても難しいんですよ~(;^_^A
私は全く才能がないようで、全然包めず、餡もはみ出ちゃうし・・・
ほとんどお店の方に手直ししてもらい、何とか包み終えたのがこちら↓↓↓
點水樓12


前後してしまいましたが、包み終わったあと、生地の伸ばし方も一人ずつ体験!
點水樓11

これまたコツがあり、単に薄く伸ばせばいいわけではなく、真ん中が厚くなるように、少しずつ回しながら中央に寄せるように伸ばしていくのですが、力加減も難しく、なかなかf^_^;

そして小龍包作り体験終了!!

・・・そうですねぇ、ほんと少しずつ体験しただけでした( ̄⊥ ̄lll
でもこのくらいが丁度いい体験だったかなぁ。
これ以上やるとなると、ちょっと飽きてたかも~笑
というより、あまりにも才能のない自分に嫌気が(;^ω^A

その後に手を洗ったりして席に案内され、自分達が作った小龍包が出来上がってくるのを待ちます。

そして出来上がったのがこちら↓↓↓
點水樓13

自分で包んだ後で、数個足されてました。
熱々を味見してから写真を撮ったので、数が減ってしまっていて見苦しいですが、ご勘弁を~

そして熱々の小龍包はやっぱり肉汁たっぷり♪
點水樓14

餡はお店のだもんね~

そしてコースに含まれるディナーメニューが次々と・・・
TOPの小龍包もその一つ。
緑のと普通のと1個ずつ。
やっぱり包み方を比べると、一目瞭然ですねぇ(^^ゞ

野菜餃子と蝦餃子↓↓↓
點水樓16

點水樓17

點水樓18

たいていは小龍包のお店に行くとある野菜餃子。
最近の私のお気に入りです!
口直しにもなるし、野菜だけなのにジューシーなのが美味しくて、いくつでも食べれそうですよ~
蝦餃子はもともと大好きなのだけど、台湾の蝦餃子って、蝦が少ないの( p_q)
点心で食べる蝦だけの蝦餃子が好きなんだけどなぁ。。。

これもポピュラーな糯米シュウマイと蝦シュウマイ↓↓↓
點水樓19

點水樓20

點水樓21

糯米シュウマイって日本だと、シュウマイの餡に糯米をつけて蒸したのをイメージしません?!
でも台湾ではおこわをシュウマイの皮で包んで蒸してあるのです!
中はおこわのみっ!!笑
點水樓は黒米で意外にさっぱりしていて美味しかったです。

これまた台湾の人からみると「空心菜=日本人が好き」という方式があるようで、決まってこれですね~
美味しいからいいんだけど( ̄m ̄〃)
點水樓22


炒飯はパラパラしていて美味しかったです♪
2人分だけなので、ちょうどいい量。
點水樓23


酸辣湯は正直どんな味だったのか覚えてないっ(;^_^A
點水樓24


デザートは蒸しケーキ↓↓↓
點水樓25


これ全部2人分ずつ盛られていたので、食べ過ぎることも残すこともなく、無駄にならずに良かったです♪
やっぱり作るより食べる方がいいわ~( ̄m ̄〃)
これだけ食べさせてくれるのだから、まぁ1,450元も少し納得!?


今日は家で宿題をやってしまおうっと!! [PR] 台湾留学サポート
10:08  |  台湾グルメ  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

おぉ、點水樓、月曜に行ったばっかなんです!
なんとタイムリーな。
南京東路店ですけどね。
そして前にこちらで教えてもらった明月湯包にも
行ってきましたよ~!
最近小龍包づいてるんで、自分でも作れたらな~って
思うけど、
・・・やっぱり外で食べた方がおいしいですよね!
でも一度私も体験してみよっかな~。
やむやむ |  2007.12.12(水) 11:59 | URL |  【編集】

小籠包♪

小籠包♪私も台湾に来たからには一度作ってみたいです。
お茶はいつでもどこでも習えそう~なんて思ってますが
小籠包ってなると、なかなか習えないのかな?
特に私の住んでる田舎では~なんて思ったり~。

おいしそうですね~♪
私も包む作業より、コースを堪能したい(笑)
どれもおいしそうですね~
空心菜=日本人が好きてイメージどこから来たのかとっても不思議。
私も日本人ってわかると空心菜ね~って感じで注文されますよ~(笑)
小姐 |  2007.12.12(水) 14:39 | URL |  【編集】

お返事です♪

◆やむやむさんへ
ええっ!?月曜に行ったんですか?
ほんと偶然とは言え・・・
南京東路のお店、まだ行ったことないんですよぉ。
その近くの冠京華も安くて美味しいですよねっ♪

明月湯包も行かれたんですね~
どうでした?

小龍包、私も自分で作ってみたい!と思ったものの、ほんと包み方が難しいです!!
でもレシピはいただいてきたので、いずれは挑戦してみたいけど(;^ω^A
やむやむさんも是非♪


◆小姐さんへ
そうねぇ、小龍包だけを教えてくれるところは少ないのかな?!
料理教室はいくつかあるみたいだけど・・・
私はお茶を習いたくて仕方ないのだけど、日本語でやってくれるところがないみたいで(´д`)=3
茶芸教室は田舎の方がありそうですね~

包むのもセンスあれば楽しかったと思うけど、私は食べる時間の方が楽しかったの(^^ゞ
小姐さんも?!
空心菜が好きというイメージ、何でだろう???
最近は日本でも空心菜は手に入るけど、もともと珍しい中国野菜の中でもクセがなく、日本人が好んだのは事実だろうけど・・・どこのお店でも言われるのが笑っちゃうのよね~

non |  2007.12.12(水) 22:48 | URL |  【編集】

小龍包作り、楽しそう!!!
私、餃子を包むのもヘタッピだから
どれがnonさんの作った物かは判らないけど凄いですっ!
どうせなら手直ししてくれない方が、出来上がりが楽しいのにね~
ぽん |  2007.12.13(木) 12:35 | URL |  【編集】

お返事です♪

◆ぽんさんへ
楽しいけど、私一人がヘタッピだったから、悲しくなっちゃいましたよ~笑
不恰好でも、ちゃんと閉じていれば、そのままにされてる人もいたけど、私のはあまりにもひどくて、閉じてないから、蒸したら悲惨なことになってたと思う(´д`lll)
小龍包は肉汁が出ちゃったら意味ないし・・・
餃子みたいに、ワイワイ皆で包んだら楽しいだろうけどね~
餃子がいいよっ!!( ̄m ̄〃)
non |  2007.12.13(木) 19:35 | URL |  【編集】

予想に反して、包むだけでなく、皮延ばしまで!?
ってバカにしてるわけではありませんよ。餡も皮も材料や配合具合難しいのでしょうが、あの細かいギャザーで茶巾にするのは、素人じゃなかなか難しいですよね。
子供が喜んで餃子作りを手伝ってくれますが、途中で飽きて最終的には母一人で黙々と…みたいな教室だったようですね(笑)
お料理も美味しそう!!
hana |  2007.12.13(木) 21:57 | URL |  【編集】

お返事です♪

◆hanaさんへ
ほんと?予想に反してました??笑
餡作りもレシピをみると、煮こごりを用意したりしなければいけないし、一からとなると大変でしょうから、包むのと皮伸ばしの体験だけでも出来てよかったんです!
せっかくレシピが手元にあるし、一度は餡から作ってみたい気も(^^ゞ

餃子を包むのも、最初はいいんだけど、途中から嫌になりますねぇ。。。
あっ、やっぱりお子さんと同じだ!!(;´▽`A``

お料理も美味しかったですよ~
non |  2007.12.14(金) 11:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noncucina.blog99.fc2.com/tb.php/231-2eb80f05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。